本文へスキップ

児童養護施設等出身の若者を応援する事業主の集まり 
非営利任意団体 ROOKIESのプロフィール

プロフィールprofile

ROOKIESは、児童養護施設等を出身の若者の社会的自立への社会貢献を目指して、
若者たちを雇用して育ててくださる雇用協力事業主の集まりです。
必要に応じて、児童養護施設の指導員の方々や、児童相談所のケースワーカーの方々、自立援助ホームの職員の方々、そして弁護士の方々と連携して活動をしています。

雇用協力事業主の各業種リーダー

役職 名前 概要
発起人
(代表)
高井 英匡 海arat 
代表取締役
飲食業
リーダー
茂山 光夫 秀和興産
代表取締役
建築業
リーダー
戸塚 勝巳 渇棟B建設
代表取締役
製造業
リーダー
原田 實   潟=[トシステムワーク 
代表取締役 
理美容業
リーダー
市川 裕士  ヘアスペ-スSOLGE 代表 
男性職場
リーダー
太田 啓介  潟Pイズエコロジ-テクニカル
代表取締役
介護業
リーダー 
位田 篤史  日本ライフケアソリュ-ションズ 
格fオートサービス 
代表取締役 
他業種
リーダー 
小泉 広高  潟-ヤン 
代表取締役 

児童養護施設出身の若者を応援するROOKIESについて

発起人の高井英匡は、平成14年の事業開始(理美容業)より児童養護施設出身の若者の雇用にこだわってきました。
そんな中、
もっと彼らの「職業選択の幅が広くなること」「離職してしまっても再チャレンジする場がある事」
そんな必要性を感じ、平成28年春にROOKIESを立ち上げました。
全ての事業所が入居可能な住宅を備えていることや、自立の為に必要なスキルや資格を取得可能なこと。
・・・その他色々なケアが可能なこと。
そんな必要性を理解する事業主が集まって、誕生した職親の会がROOKIESです。
非営利活動の任意団体に付、活動に必要な経費は全て雇用協力事業主の善意で成り立っています。

ROOKIES雇用協力事業主の条件

社会人としてデビューした若者が、離職とともに堕ちていってしまうようなリスクを出来る限り回避するために、ROOKIESの雇用協力事業主には、厳格なルールがあります。
頼るべき親がいない若者たちの社会的自立達成のためには、居住可能な住宅と安定した給与だけでは、決して十分とは言えないと考えるからです。
ROOKIESの雇用協力事業主の条件はこちらから閲覧可能です。 rookiesnokanyuujouken.pdf へのリンク

児童養護施設出身の若者を応援するROOKIES

〒465-0091
名古屋市名東区よもぎ台2-917

職親の会ROOKIESのフェイスブックページROOKIESのF.Bページ